【魚がエサに食いつく瞬間が見える!?】カサゴは釣れてもメバルは釣れない

どうも、タカです。

昨夜、彼女と夜釣りに行ってきました。

その時の動画がこちらです↓

スマホで撮ったので画質が悪くて、見づらいですが、カサゴがエサに食いつく瞬間が見えると思います。

驚いたのはライトを照らしていてもカサゴがエサに食いついたことですね。

ほかにもメバルもたくさんいましたが、ライトを照らしても逃げたりしませんでした。

画面中央のピンク色のものがアジング用のジグヘッドで、白いのがエサのオキアミです。

この仕掛けでカサゴ3匹、アイナメ2匹を釣り上げることができて、彼女も大喜びでした!

しかもエサに魚が食いつく瞬間が見えるので見ている僕も楽しかったです。

仕掛けの様子が見えて、状況もパッと見で判断できるので釣りに慣れていない彼女でも、どうやって魚が釣れるのかすぐに理解することができたみたいです。

この釣り方は、初心者にオススメです!

でも悔しいのは、メバルがめちゃめちゃいるのに一匹も釣れなかったことですね。

ここではなぜメバルが釣れなかったのか考察してみます!

 

メバルが釣れなかったのはなぜ??

今回の釣り場で確認できた魚は、メバル、カサゴ、オコゼ、アイナメでした。

中でもメバルの数が圧倒的に多いのにぜんぜん釣れませんでした。

動画にもメバルが複数映ってます↓

 

メバルを釣るために色々やってみました。

 

1.ジグヘッド+ワーム

2.スプーン

3.ミノー

 

実は別日に、今回のエサ釣りに至るまでにこれだけの釣り方を試していました。

結果は画像中央の2gのスプーンで一匹釣れただけで惨敗でした( ;∀;)

 

この結果を受けて、どうしても楽に彼女に魚を釣らせてあげたかったので餌釣りをしようと思った次第です。

餌釣りなら楽に釣れるだろうと思っていましたが、結果はご存じの通りです。

でもタダで帰ってきたわけではありません!!

 

今回のエサ釣りで得た経験

初めはエサのオキアミが悪いのかなと思いましたが、そうではなかったです。

試しにエサのオキアミを適当に投げてみるとすごい勢いでメバルがエサを食べていました。

でも針がついているエサは寄っては来るものの、寸前で見切られていました。

以上のことからメバルは目が良いので、オモリとラインがついている不自然に落ちてくるエサに気づいているんだろうと思いました。

対策として、ノーシンカー(オモリなし)の仕掛けで挑もうと思いましたが、用意がなく、次回へ持ち越しとなりました。

今度こそはメバルたちを爆釣してやろうと思います。

また進展があれば、ここに記載します。

メバルやカサゴなどの根魚は初心者でも簡単に釣ることができ、食べてもとってもおいしい魚です。

カサゴの煮つけ↓絶品です。

 

でも成長が遅いので20センチ以下の小さな個体やメス(子持ち)の個体はできれば逃がしてあげましょう!

マナーを守ってみんなで楽しく釣りをしましょう。

今回はここまでです。

タカでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です