【ゴアテックス】ダイワの防寒着(DW-1909)を購入した感想

更新日:2020年1月6日

どうも。タカです。

今回はダイワ DW-1909 ゴアテックス プロダクト ウィンタースーツを購入したので、その感想を書いていこうと思います。

これからの季節、寒さ対策をしっかりしておかないと、寒すぎて釣りに集中できない!

正直、値段がバカ高くて今まで購入できなかったゴアテックスの防寒着。

今まではワークマンの防寒着を使っていました。(イージスではない)

ワークマンの防寒着

この上着は使用一回目でテトラに引っ掛けて肘に穴が開きました。

肘の部分に穴が開いてしまったワークマンの防寒着

4000円くらいだったので仕方ないかと諦めがつきました。。

ズボンは同じくワークマンで2000円くらいのものを使っていましたが、こちらもワンシーズンでお尻に穴が・・・

お尻の部分に穴が開いてしまったワークマンのズボン

安いものだし、割り切って使うなら別にいいやと思ってワークマンで温かいと評判のイージスを購入しようかと思っていましたが、ちょうど近所の釣具屋さんがセール中で防寒着も安かったので見に行ってみることに。

そしたら・・

ダイワDW1909

気づいたら買ってましたw

僕が購入したのはダイワ DW-1909 ブラックカモです。


しかし、このブラックカモだけ定価が1,800円だけ謎に高いっていう・・

引用先→ダイワHP

全部で5色ありますが、ブラックカモが人気なのかブラックカモだけ売り切れている店舗が多く、取り寄せてもらってなんとかゲットできました。

他の色は個人的に微妙な色ばかりでした。

ダイワDW-1909ゴアテックスプロダクトウィンタースーツ感想

早速開封!

ダイワDW1909の上着

ダイワDW1909のズボン

高いだけあって質感は高く、細かいところにもこだわってデザインされています。

ダイワDW1909のファスナー

 

早速着てみる。

ダイワDW1909を試着している様子

身長172センチ、細めで体系でサイズはMでピッタリでした。

着心地は生地に厚みがある分、少しゴワゴワします。

Lサイズも試着したのですが、ゴアゴアするので袖が長すぎると結構邪魔だったのでサイズはピッタリ目がいいと思います。

ズボンの裾が長い場合は足元のマジックテープで絞ればいいので気になりません。

ダイワDW1909の裾

ズボンにはサスペンダーがついていますが、ズボンにウェスト調整機能がついているのすぐに取り外しました。

ダイワDW1909のウェスト調整機能

サスペンダーを取り付けているとトイレの時にいちいち上着を脱ぐ必要が出てきますし、めんどくさいです。

 

こうなってくると早く釣りに行きたくてウズウズしてきたのでその日のうちに夜釣りに出かけることにw

夕方の5時くらいから夜の9時くらいまで4時間ほど釣りに使用した感想は↓

・めちゃめちゃ温かい(暑いと感じるときも)

・蒸れない

・防水ポケットが便利

 

・めちゃめちゃ温かい(暑いと感じるときも)

温かさについては期待以上でした。

例えるならば、熱々の湯舟に浸かった後のように体が芯から温もっている感じです!

いつもなら露出している顔や手先は冷たくなってしまうんですが、体が芯から温もっていたので手先も冷えることなく、終始釣りに集中できました。

DW-1909はうち袖がついており、風が吹いても中に入ってくることはないのでポカポカです。

ダイワDW1909の袖

うち袖は結構タイトに作られているので服を脱ぐときは少し脱ぎにくいです。

 

・蒸れない

ダイワDW-1909は暑いと感じるくらいだったのに服を脱いでみると服が一切湿っておらず、サラサラでした!

今まで使っていた防寒着だと、釣りが終わったあとに服を脱いでみると汗で服がびょしょびしょだったってことが結構あったので驚きました。

これがゴアテックスか

!って感動しました。笑

ゴアテックスってなんぞ?って方はこちら→https://kurashi-no.jp/I0017655

 

・防水ポケットが便利

DW-1909は上着に3つ(1つは内ポケット)、ズボンに2つポケットがついてますが、全て止水ファスナー付きになっています。

ダイワDW1909のズボン

まだ雨の日に使っていないので防水性能はわかりませんが、ファスナー付きポケットは車のカギや貴重品を落とす心配が減るのでめっちゃありがたいです。

ポケットサイズも大きく、大型のスマホなどでもスッポリ入ると思います。

内ポケットもマジックテープ付きで貴重品を入れることができます。

ダイワDW1909の上着の内側の生地

釣りメーカーが作った防寒着ということでアングラーにとっては便利な機能が盛りだくさんでした。

あとは高い防寒着を着ている!ということで自己満足感は高いですね。笑

ゴアテックスを着ているだけでモチベも自然と上がりそうな気がしますw

あとはワークマンのイージスは服にデカデカとイージスのロゴが入っていてそれがちょっと嫌だったっていうのもあります。

イージス自体は友人が使っていますが、コスパがよく非常にいい商品だと思います!

もっとオシャレさを追求したい方はモンベルやノースフェイスからもゴアテックス商品が出ているのでそちらをチェックしてみてもいいかもしれません。

今後はDW-1909をガンガン使ってみて色々レビューできたらなと思っています。

・耐久性

・ワークマンのイージスとどっちが温かいの?

など、気になる点は多いので気づいたところがあればその都度レビューしていこうと思います。

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タカでした。

追記.ワークマン イージスオーシャン購入しました!

ワークマン イージスvsダイワ ゴアテックスDW-1909 最新モデルを比較

 

追記:2020年1月6日

雨の日に釣行してきました。

雨量は8ミリ程度と結構強い雨でした。

釣行時間は5時間ほどでした。

雨の中でも特に寒さを感じることなく、さすがの防水性能だなと思いましたが、

最後の1時間あたりから股のあたりが少し湿っているような感じがして、釣り終了後に確認してみると、顔の下のあごのラインから股にかけて濡れていました。

顔から吹き付ける雨が中に侵入し、最終的に股まで達していたようです。

これに関してはフードの絞り機能をもっとうまく調整する必要があるかもしれません。

それ以外に濡れている場所はまったくなく、ダイワのDW-1909は防水性能に全く不安はありませんでした。

フードに雨返しがついているので顔に水が滴ってくるようなこともありませんでした。

 

追記:2021年1月6日

今まで1年以上使用してきましたが、破れやほつれはないです。

また、真冬じゃなくても少し肌寒いくらいの春や秋でもインナーで調整すればぜんぜん使えます。

ゴアテックス素材のおかげなのか、ムレも少ないです。

良い買い物ができたと満足しております。

少し高いですが、長期間の使用を考えるとコスパは悪くないかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です