飲み会に行くか迷うくらいなら何も考えずに行った方がいい理由

どうも。タカです。

もう少しで年末の忘年会シーズンですね!

「会社の飲み会なんて面白くないし、だるいから行きたくないなぁ~」

「でも断る勇気もないしなぁ~」

って迷っている人は思考停止して飲み会に行った方が後々ラクになりますよ。

今回はその理由について深堀していきます。

会社の飲み会に参加した方がいい理由

まず最初になぜ自分が飲み会に行きたくないのか?考えてみてください。

実際に後輩に聞いてみたことがありますが、こんな理由でした。

 

・面白くないし、めんどくさい

・友達と遊びたい

・帰ってゲームがしたい

ちょっと意地悪ですが、「じゃあ欠席にしたら?」と言うと

以下の反応が返ってきました。

 

・でもノリが悪いと思われたくない。

・上司の目が気になる

・嫌われたくない

飲み会に行くかどうか迷っている人はおそらく大半が大した理由もなく、飲み会にいきたくない場合が多いと思うんです。

さらに言えば、行きたくないと言いながら行くことをやめるように勧められるとそれは違うと言います。

このように優柔不断になってしまう人は飲み会に参加した場合のメリット飲み会に参加しなかった場合のメリットについて考えてみると決断が早くできるはずです。

 

飲み会に参加した場合のメリット

まず初めに飲み会に参加した時に考えられるメリットはこちらです。

・職場の仲間との仲が深まるかもしれない

・上司に気に入られるかもしれない

・有益な情報を聞けるかもしれない

などなど、他にもたくさん思いつきそうですよね。

飲み会に参加すると普段話すことのできないお偉いさんと話す機会があったり、自分の名前を覚えてもらうには最高にアピールできる場所だと思うんです。

今の会社で出世したいなら飲み会にはいくべきです。

 

飲み会に参加しなかった場合のメリット

参加しなかった場合のメリットについて考えてみます。

・自分の時間ができる

・お金が溜まる

ざっくり言えばこの二つだと思います。

 

迷っている人=明確にすることがない人

次に参加した場合のメリットと参加しなかった場合のメリットを天秤にかけてみてください。

参加した時のメリットの方が圧倒的に大きくないですが?

確かに飲み会の間、自分の時間は減るかもしれませんが、参加するか迷っているくらいなので明確に何かをする予定はありませんよね?

お金に関しても飲み代で出費はあるかもしれませんが、職場の仲間や上司とうまくコミュニケーションをとることで、うまく仕事が進められれば、将来自分が出世できるかもしれません。

そう考えれば飲み代なんてすぐに取り戻せるでしょうし、むしろプラスになっていくはずです。

あとは飲み会に参加しなかった場合のデメリットについて考えてみます。

 

・ノリが悪い奴だと思われる

・嫌われるかもしれない

・周りの人から興味をもたれなくなる(信用を失う)

このように飲み会に参加しなかった場合はデメリットが多く、よくて無関心です。

職場での自分の存在感が薄くなっていくのは間違いないでしょう。

別に出世なんてしなくていいって考えてる人でも職場の居心地が悪くなるのは嫌ですよね。

 

迷うくらいなら飲み会に参加しよう

迷うくらいなら行った方がメリットが多いですし、デメリットも少ないです。

なにも考えずに飲み会は行くものだと割り切ってしまえば、ストレスも溜まりにくいでしょう。

しかも、何も考えずに飲み会に参加しているだけで将来、出世できるかもしれないって考えるとめっちゃラクですよね。

それに行くかどうか迷っているとき、ストレスが溜まるし、悩んでいる時間が無駄です。

逆に言えば、自分のしたいことが明確になっている人は飲み会に行くかどうかなんて迷うことなんてないはずです。例えば↓

・今の会社で出世したいから飲み会に参加して上司にアピールする人

・自分のしたいことがあって飲み会の時間が無駄だと感じて参加しない人

理由は色々あるでしょうけど、自分の意思を持って行動できる人って案外少ないと思います。

初めは思考停止してラクな方を選び、やりたいこと(目標)ができれば自分で考えて行動する。

これが一番気楽でいいと思います。

少し考え方を変えるだけで見えてくるものが大きく変わってくるはずです。

考え方の変え方に関する記事も書いていますのでよろしければ一読してみてください。→[ストレス社会]考え方を切り替えてストレス軽減。ラクをするために行動しよう

今回はここまです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タカでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です