ジムニーを思いきり楽しむ!格安ジムニーで遊び尽くそう!

どうも。タカです。

今回は「新型ジムニーが大人気の今、敢えて古いジムニーを買い、低コストで、ガンガン遊ぶのも楽しいですよ!」ということでブログを書いていこうと思います。

古いジムニーといってもジムニーは歴史が長く、色々なモデルがあります。

その中でも僕がオススメなのはJA11ジムニーです。

JA11ジムニー

画像引用先→スズキホームページ

格安ジムニーで遊ぶ

 

雪山を走るJA11ジムニー

雪山にドライブにいってみたり・・

 

悪路を走るJA11ジムニー

泥遊び(クロカン)してみたり~

 

塗装中のJA11ジムニー

自家塗装してみたり~

ジムニー全塗装の記事はこちら↓

【DIY】ジムニーを自宅で全塗装!ローラー・ハケ塗りで費用は1万円ほど

 

自家塗装されたJA11ジムニー

ちなみに塗装費は一万円くらいで、素人でも結構きれいに塗れました。

詳しくはこちらから→タカラ塗装

 

JA11ジムニーで遊ぶ

みんなとワイワイ遊んだり!

 

安く買ったからこそ多少の傷や凹みを気にせずに遊ぶことができたり、

DIYに挑戦してみたりと、ジムニーの楽しさグッと広げることができます。

ジムニーを思いきり楽しむにはオススメです。

 

 

JA11ジムニーがオススメな訳

この記事で紹介しているJA11ジムニーは30年近く前の車なので、どうしても修理がつきものです。なので故障のリスクを承知の上で乗ってください。

できれば、セカンドカーとして所有することがオススメです。

JA11ジムニーに拘りがなく、メインカーとしてジムニーを所有したいならJB23ジムニーが年式も新しくオススメです。

関連記事→【ジムニー】今買うならどれ?新型?旧型?ニーズに合わせたモデルを選ぼう

 

車体が安く手に入る

JA11ジムニーは悪路走破性能が高いが故に、クロカンなどオフロード走行に使用されて状態のあまりよくないものが多く存在します。

しかし、そこが狙い目なのです!

状態が悪くボディが凹んでしまっているものや傷だらけの個体であれば、かなり安く手に入れることができるでしょう。

僕が購入したJA11は平成二年式で走行8万キロ。車検は1年ついていて、前オーナーの自家塗装済みという状態でコミコミ18万円でした。笑 (現在は売却済み)

未舗装の道とJA11ジムニー

(画像では凹みがありますが、納車時は凹みなしでした。)

ボロボロの個体でなくとも、個人売買などでうまく購入することができれば、初期費用をグッと抑えられるはずです↓

 

ジムニーを安く買う方法

購入する際はカーセンサーなど大手で購入するよりも個人売買や個人の営業している車屋さんで見つける方が圧倒的に安く買えます。

JA11ジムニーは人気があり、レストアされている個体など状態のいいものは未だに高いです。(カーセンサーで検索すると100万円を超えているジムニーも結構あります)

安く購入するために僕がやったことを紹介します。

僕の場合は自宅の周辺をドライブしてみたり、グーグルマップで近隣の車屋さんなどを巡ってみてジムニーがあれば、実際に出向いたり、電話してみたりしていました。

値札が付いていなくても譲ってくれる可能性があります。(僕はそうでした)

色々な車を見てみて不思議な縁のようなものを感じたら連れて帰ってあげてください。笑

JA71ジムニー

↑の画像は友人が連れて帰ったJA71ジムニー。コケ生えてますが、今では色々リフレッシュされてバリバリ動いてます!

こうして見つけたジムニーはとっても愛着が湧くはずです。

どうしても見つからなければ、ヤフオクメルカリをチェックしてみるのも手ですね。

まとめてみると

優先順位1位→個人売買(個人のお店)

2位→ネット(ヤフオクやメルカリ)

3位→大手中古車販売店

 

JA11ジムニーの維持費

JA11ジムニーは4ナンバーなので自動車税は旧車の増税をされても6000円(年間)安いです。

ちなみに自動車重量税は8,800円(2年)で自賠責保険料は26,370円(2年)になります。

燃費は僕の乗っていたジムニーはマニュアル車でリッター11~12キロでした。(マジ)

特に燃費運転をしていたわけではありません。(冬場はリッター10キロくらいまで落ちます)

ジムニーはレギュラーガソリンです。

タイヤサイズによっては大きく燃費が落ちる場合があるみたいです。

参考までに僕の履いていたタイヤは、ジムニーでは定番のTOYO トランパス MTタイヤです。

 

故障について

JA11ジムニーは登場から30年近く経過している車です。

故障はまず避けられないと思っていた方がいいと思います。

特にゴム類の経年劣化による水漏れやオイル滲みなどが多いです。

僕が3年間乗っていて5万円以上の大きな出費になったのはこちらです↓

・タービンブロー

・エアコン

・リアハブオーバーホール

 

タービンブローに関しては僕の不注意で壊してしまいました。

というのも僕のジムニーはオイル食い(減り)があり、定期的にオイルを継ぎ足していたのですが、点検を怠ってしまい、長い坂道を上っているときにオイルが偏り、油膜切れを起こしてタービンが焼き付いてしまいました。

ジムニーはターボ車です。オイル交換は3000キロで行い、少し粘土の高いものを使用するのがオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エンジンオイル 20L ペール缶 5W-50 化学合成油PAO+ESTER TAKUMIモーターオイル 送料無料 X-TREME
価格:22500円(税込、送料無料) (2019/12/2時点)

自分で交換する人は20Lがオススメ!

↑のタクミオイルは高品質で値段も安いのでかなりオススメです。

ジムニーだけでなく、S2000にも使用していてサーキットで全開走行していますが、何の問題もありません。

オイル交換中のJA11ジムニー

ジムニーは車高が高いのでオイル交換もラクラクですよ!(自宅駐車場にて撮影)

修理に関してはタービンもそうですが、リビルト品などをまともに用意すると高額な出費になってしまうかもしれませんが、ヤフオクなどで中古部品をうまく手に入れることができれば、修理代をかなり抑えることもできます。

ジムニーは古い車ですが、メーカーから補修用部品もしっかり購入できますし、各メーカーからも色々なアフターパーツが発売されています。新品でも全体的に部品代は安いです。

工夫次第で維持費をグッと抑えることができるでしょう。

 

まとめ

何度もいいますが、JA11ジムニーは古い車です。故障は定期的に起こります。(経験談)

メインカーをJA11一台で行くのはよほどの変態でないと普通の人では嫌になるでしょう。

そんな人はJB23ジムニーを買った方が幸せになれるでしょう。

もちろん新型、JB64ジムニーでもいいですが、僕は勿体なくて思いきり遊べません。

JA11ジムニーは悪路走破性・デザイン・コスパなど、新型よりも魅力的な部分があります!

興味のある人は是非一度、乗ってみるべき名車です。

絶景とJA11ジムニー

自信をもってオススメできる車です。

タカでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です