ペアルック

彼氏が鈍感すぎてイライラしちゃう女性へ【鈍感男子からのお願い】

彼氏とうまくいかない女性

どうも、タカです。

彼氏に自分の気持ちをわかって欲しいのに、彼氏はぜんぜん察してくれなくてイライラしてしまう。

こんな経験をしたことはありませんか?

僕は男ですが、彼女の気持ちを察することができずに、彼女を不安にさせてしまったり、イライラさせてしまうことがありました。

今では少しずつ、お互いに気持ちが理解できるようになり、彼女の考えていることも分かるようになってきました。

今回はそんな鈍感な僕が意思疎通をうまくするために彼女に伝えてきたこと鈍感男子の気持ちをお話しします。

鈍感な彼氏に女性の気持ちを察することはできない

PCに集中する男性

結論から言うと鈍感な彼氏があなたの気持ちを察することはできません。

というのも、彼氏自身が問題に感じていないことはそもそも考えてすらいない可能性が高いです。

例えば、週末にデートする約束をしていて、こんな会話があったとします↓

あなた「次の日曜日はいい天気だね。」(内心:どこかお出かけしてランチでも食べたいな~。)

 

彼氏「ほんとだね!」(内心:日曜日は晴れなんやぁ~。)

 

あなた(内心:えっ?それで終わり?ほかに何かないの??汗)

 

分かりやすくするために極端な例を上げましたが、鈍感な彼氏は女性の言ったことを言った通りにしか受け取らず、言葉の意味を考えていません。

女性が思っている以上に男は鈍感です。

それが出会って数カ月の彼氏なら尚更です。

 

鈍感彼氏の特徴

その1:女性の扱いに慣れていない

鈍感な彼氏は恋愛経験が浅く、女性の扱いに慣れていない可能性が高いです。

男同士で会話するときは思ったことをストレートに伝えることがほとんどなので、言葉の本当の意味を考える習慣がありません。

それに加えて、恋愛経験が少なく、女性の扱いに慣れていないので、女性が「何をすれば喜ぶのか」、「何をしてはいけないのか」を判断できるはずがありません。

逆に鈍感彼氏は計算高さはなく、純粋だともいえます。

もし、仮に付き合って間もないのに、あなたの気持ちをすごく察してくれて気の利く彼氏がいるとしましょう。

でも、それはただ単に女慣れしていて、数ある経験の中からどうすれば女の子が喜ぶのかを知っているだけとも言えます。(本当に気が合う人の可能性もありますが)

 

その2:他人に関心がない

鈍感彼氏はマイペースで他人に関心がありません。

しかも、自分が好きなことや、取り組んでいることに対しては驚くべき集中力を発揮するので、彼女の話を聞いていないこともあります。

基本的に不器用で1つのことに打ち込むと周りのことが見えなくなってしまうことが多いです。

でも自己中だというわけではありません。

鈍感で感情に対する感度が低く、本人は気付いていないだけです。

一度気付いたことにはほかの人以上に気にかけてくれるはずです。

普段ボケーっとしていて頼りないかもしれませんが、実は人情深く、優しい面が隠れているかもしれません。

 

その3:良くも悪くも素直

鈍感彼氏は計算高さがなく、純粋だという話をしましたが、これは言い換えれば「素直」だとも言えます。

言葉を言った通りにしかできない彼は、女性のふとした一言で心配になる場面があります。

例えば、彼の鈍感さにイラついたあなたが素っ気ない態度や少しキツイ言い方をしたとします。

このとき、いつも鈍感な彼氏もあなたの態度や言い方にさすがに違和感を感じ、過剰に心配してくれた経験はありませんか?

逆に、言ってしまったあなたが引いてしまうほどの過剰なまでの心配です。

これは彼氏が鈍感であなたの感情に今まで気付いていなかったという証拠です。

女性からすれば、彼氏の鈍感さはいつも通りの平常運転で、普段はイライラを口に出さずに我慢しているだけ。

でも彼からすれば、今まで何もなく平和に仲良くやれていたのに、突然彼女の機嫌が悪くなってしまった、「何か嫌なことでもあったのかな??もしかして俺、なんかしちゃったのかな??」とあたふたしている状況です。

このように一度口に出して気持ちを伝えれば、彼は素直に受け取ってくれるはずです。

 

鈍感彼氏に初めから女性の気持ちを察するのは難しい

鈍感彼氏の特徴をまとめてみます↓

・計算高さがなく、純粋

・鈍感で、感情に対する感度が低い

・良くも悪くも素直

 

彼は鈍感で女性の感情に気付いてすらいない可能性があります。

気付いていないことを察するのは到底無理な話です。

人気ロックバンド、UVERWorldの歌に「言わなくても伝わる、あれは少し嘘だ」というものがありますが、全くその通りだと思います。

「彼氏に自分の気持ちを察して欲しい!」

「彼氏だったら私の気持ち分かって当然だよね?」

こんな風に思っている人はまず彼氏と長続きしません。

ではどうすれば、鈍感彼氏とうまくやっていけるか?

次は鈍感男子からのお願いです。

 

鈍感彼氏に気持ちを直接伝えて欲しい【チャンス】

彼女に手を引かれる彼氏

あなたの彼氏が先ほど話した3つの特徴に一致するのなら、将来的にお互いの気持ちを察することのできる、理想的なカップルになれる可能性が十分あります。

じゃあそのために何をすればいいのか?

答えは簡単で、思っていることをできるだけ彼氏に伝えるようにしてください。

誰しも理想があって、期待してしまう気持ちはよく分かります。

でも付き合ったその日から理想的なカップルになることはできません。

少しずつ自分の気持ちを伝えていくことで鈍感な彼氏もあなたが「何をすれば喜んでくれるかのか」、「何をしてはいけないのか」理解してくれるはずです。

 

鈍感彼氏が実際に彼女にお願いしたこと

僕は自分が鈍感だということをなんとなく察していたので、彼女にお願いをしました。

「僕は鈍感で、あなたの気持ちに気付いてあげれないかもしれないから、どんな些細なことでも思ったことは口に出して教えて欲しい」

ということを彼女に伝えました。

これは男性側のワガママかもしれません。

でもこの方法がお互いの気持ちを知る上で、思っていることを口に出して伝えることは一番大事なことだと思います。

とはいえ、この方法だとほとんどの精神的負担を彼女が背負ってしまうことになるので、僕は自分からも彼女の気持ちを確認するように心掛けています。

例えば、僕は趣味でよく釣りに出掛けるのですが、釣りに行くことを必ず事前に伝えます。

すると彼女は必ず「いいよ」と言ってくれます。が!

ここで終わらずに「どこか行きたいところとかあったら教えてね。釣りはいつでもいけるし」などなど、彼女の要望も必ず聞くようにしています。

男性側は一度聞いて終わりではなく、彼女の要望を毎回必ず聞くようにして欲しいということと、女性側は嘘をつかずに行きたいところがあれば、素直に言うこと、これがめっちゃ大事です。

とはいえ、鈍感な彼氏が自分のことを鈍感だと気付いている可能性は低いです。

そんなときは、鈍感彼氏に気を遣わずにどんどんワガママになって、言いたいこと、やりたいことを全部伝えるようにしてください。

 

鈍感彼氏が無理なら早めに見切りをつける

カップル

 

「彼氏に自分の気持ちを口に出してストレートに伝えたのに彼が分かろうとしてくれない。」

「やっぱり気持ちを伝えるのは苦手で一人で悶々してしまう。」

 

はっきり言います。こんな場合は早めに見切りをつけて別れた方がいいです。

まず前者の「彼氏に自分の気持ちを口に出してストレートに伝えたのに彼が分かろうとしてくれない。」という場合ですが、

彼氏は鈍感ではなく、シンプルに自己中なだけという可能性が高いです。

そんなタイプの男性は女性側の意見を鼻から聞くつもりがなく、自分が変わる気もないと思います。

鈍感な男性は女性の気持ちに気付いていないだけで、実は人情深く、優しい一面もあるという話をしましたが、自己中はまた全くの別物です。

鈍感と自己中の見極め方として、彼氏があなたの話を聞いて柔軟な対応をしてくれるかどうかです。

彼氏が鈍感なだけで、女性を想う気持ちがあれば、必ず変わろうする努力をしてくれるはずです。

勘違いしないように慎重に見極めるようにしましょう。

続いて「やっぱり気持ちを伝えるのは苦手で一人で悶々してしまう。」という場合ですが、言いたいことも言えない関係でこの先やっていけると思いますか?

結婚まで考えているなら尚更です。

この時、「言えない自分が悪いんだ」と自分を責めてしまう気持ちになりますが、それは違います。

単に性格が合わないだけか、言える雰囲気作りができない彼が悪いんです。

いずれにせよ、自分を責めるのは違いますし、何でも言い合える人は絶対にいます。

自分がどういうカップルになって、将来は結婚したいのか、ありたい姿を想像してもう一度よく考え直しましょう。

 

鈍感彼氏とうまく付き合っていくには

手をつないだカップル

鈍感な彼氏とうまくやっていくためには、お互いに寄り添う気持ちが必須です。

鈍感な彼氏に限った話ではないと思いますが、相手に期待せず、「自分はこういう性格なんだぞ!」とアピールしていくことが大切です。

鈍感男子とうまく付き合うには、自分が相手を引っ張っていくくらいの気持ちで臨んだ方が楽だと思います。

そうすれば、だんだんとお互いに理解が深まり、すごく居心地のいい関係に成長できるはずです。

相手に期待するだけでは何も進みませんし、気疲れするだけです。

女性の方は彼氏にどんどんワガママを言ってみて、自分のことをもっと理解させてあげてください。

待っているだけでは何も変わりませんよ。

今回はここまでです。

タカでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です