【実話】オタクの僕がコスプレイヤーの彼女を作るまでの道のり

どうも。タカです。

恋愛においてオタクはモテないと思っている方が多いですが、実際はオタクでも彼女を作ることは可能です。

今回はオタクの僕がどのようにしてコスプレイヤーの彼女を作ることができたのか、その過程を紹介します。

この記事はハウツー記事ではありません。

彼女ができるまで僕が何を考えて何をしたのかを書くので一つの例として参考にしていただけると嬉しいです。

 

マッチングアプリ(ペアーズ)との出会い

マッチングアプリと聞いて、あまりいい印象を持つ人は少ないでしょう。

でも彼女が欲しい方は騙されたと思って最後まで読んでみてください。

当時僕は年齢も20代後半で周りの友人もどんどんと結婚していく中、彼女すらいない現状に少し焦りを感じてきました

そんなある日、友人の結婚式で少し都会に行く機会があり、前夜祭で久しぶりに仲のいい友人と集まり、街で飲んでいました。

一次会も終わって上機嫌だった僕は彼女を作るときの練習だと思ってクラブに連れて行ってもらうことに。

田舎住みでオタだった僕は当然、クラブなんて行ったことがなく、人生で初めての経験でした。

中に入るとそこはもう別世界

そこらじゅう人だらけで、抱きしめあいながらキスをする男女もいるじゃないですか!

衝撃でした。

そんな中、友人たちは次々と女の子をナンパし、あっという間に独りぼっち。

男子校卒業でコミュ力のない僕はナンパする勇気がなく、終始隅っこで独りぼっちでした。

友人との帰り道でも「ビッチには興味ないわ~」と更にひどい言い訳をしてしまう始末。

ホテルに帰った後も自分の不甲斐なさを実感し、悔しくて眠れませんでした。

ここで僕は自分にできそうなことを考えて行動しました。

自分にはナンパは無理だけど、SNSなどのネットを通じて知り合うことならできそうだと考え、早速検索してみることに。

ここで初めてマッチングアプリ今まで出会い系はやったこともなく、怪しいと感じていました。

食わず嫌いをしていても始まらないので一番評価の高かったpairs(ペアーズ)というアプリをダウンロードしてみました。

 

ペアーズについて

ペアーズをダウンロードしてまず驚いたのが、自分の年齢認証をするために免許証など、身分証明書が必要なことと利用料金が結構高いことです。

詳しくは公式ホームページで→Pairs(ペアーズ)

最初はめんどくさいし、やめようかなって思いましたが、逆にサクラとかあんまり居なさそうだと思えて思い切って始めて見ることにしました。

実際、サクラはほとんどいませんでしたが、たまにいます。

ペアーズを始めてみてめっちゃいいなって感じたのが、コミュニティ機能です。

コミュニティ機能は自分の好きなものや趣味を登録しておくことで同じ趣味の異性を見つけることができる機能です。

婚活パーティーや合コンと違って相手をある程度絞って探すことができます

コミュニティ機能を使ってみて感じたことは、

結構、アニメ好きやアニメOKな女の子が多いこと。

プロフィール画像をコスプレ写真にしている女の子もいました!

とりあえず彼女を作ることが目標でしたが、どうせならアニメ好きの彼女が作りたいという欲が出てきてしまい、アニメ好きに絞って彼女探しをすることに。

料金に関しても高いって思ってましたが、婚活パーティーや合コンなどに比べたらコスパはむしろいいと思いました。

 

可愛い彼女を作るために自分ができること

可愛い彼女を作りたいなら自分をそのレベルまで近づけるしかありません。

顔は変えれないので着ている服や髪型、トーク力など、自分ができることはすべてやりました。

 

・清潔感(鼻毛、ヒゲなどムダ毛はキッチリ剃る)

・オシャレになる(WEARなどアプリの活用)

・トーク力(聞き上手を意識して)

 

清潔感(鼻毛、ヒゲなどムダ毛はキッチリ剃る)

ヒゲは元々結構気にして剃っていたんですけど、結構盲点なのが鼻毛!

僕は鏡をよ~く見てみると若干鼻毛で出ていることに気づき、すぐに電機屋さんにいって鼻毛シェーバーを買ってきました。

女の子に実際に鼻毛のことについてきいたことはさすがにないですが、そこまで手入れをしてみると少し自分に自信が持てるようになりました。

次に髪型です。

いつもなら髪型は適当でしたが、ホットペッパービューティーの人気髪型ランキングをチェックして自分に似合いそうな髪型を探しました。

リンク→https://beauty.hotpepper.jp/catalog/mens/lenHL11/

自分の顔の形にあった髪型など、詳しく調べることができるのでオススメです。

あとは美容室に行ったときに最終確認で「この髪型にしたいんですけど、ぶっちゃけ似合いますかね?」と質問してました。

髪型は結構印象が変わります!

いつもと違う自分を見て自信に繋がりました。

後、結構大事なのは思い立ったらすぐ行動することです。

後回しは絶対ダメです!

僕はスピード感をもって出来るだけすぐに行動して自分を変えることができました。

 

✓ここでのメモ

小さな意識から自信に繋げる。変化を楽しむ。スピード感をもってすぐやる。

 

オシャレになる(WEARなどアプリの活用)

オシャレとは無縁だった僕がいきなりオシャレになれるわけもないので、まずは人のマネから始めました。

ここでの僕の行動は↓

・ZOZO TOWNアプリを使う(毎月1万円は服を買う)

・WEARアプリを使う(マネできそうなコーデを探す)

上記二点です。

実際に買い物に出かけてマネキンのコーデをマネする方法もあったんですが、ショップ定員に話しかけられるのが苦手でネットで探すことにしました。

まずZOZO TOWNですが、メンズ服って結構高いものが多いですが、ZOZO TOWNアプリのタイムセールをうまく利用すれば、結構お買い得に買えます。

どれを買えば分からないときは、とにかくいいねの多いものを買えば失敗は少ないはずです。あとはモデルさんの着ている服のマネしました。

サイズに関してはZOZOスーツを最初に頼んで採寸しておけばOKです。

リンク→ZOZO TOWNアプリ

次にWEARアプリです。

ZOZO TOWNアプリとリンクしておけば自分が買った服を着ている人を見つけることができます。

あとは自分ができそうなコーデをしている人を見つけてフォローしていました。

ランキング上位の人はオシャレすぎて訳わかりませんでした。笑

自分に合う人を頑張って見つけます。

シンプルなコーデが失敗も少なくて、相手にも好感を持たれやすいような気がします。

リンク→WEARアプリ

オシャレがわからない僕はマネから入り、シンプルなファッションで勝負していました。

シンプルすぎると地味になりがちなので色合いには気を使っていました。

オシャレに興味ないやつあるあるでしょうが、ずっと同じ服を着ていたり、ボロボロの靴を履いていたり・・・

思い切って断捨離するべきです!!

ここでもスピード感を持って行動しました。

ZOZO TOWNで毎月1万円分買い物をするという具体的な目標設定は個人的に我ながらよかったなって思ってます。

服を変えるだけで随分と印象も変わり、自信につながりました

 

✓ここでのメモ

具体的な目標設定。やらない理由を探さずにどうすればできるのか考える。スピード感をもってすぐやる。

 

トーク力(聞き上手を意識して)

正直、ここに関してはいくら勉強して意識しようが、緊張してしまうとあまり意味がなかったです。

一番いいのは慣れることでした。

マッチングした相手には悪いかもしれませんが、もし、お会いできる機会があったらちょっと合わないなって感じていてもとりあえず会ってみる。

話の合わない人に話を合わせて場を盛り上げるのはめちゃめちゃ難しいのでいい経験になりました。

それにメールのやり取りで気が合わなくても実際話してみると違ったってパターンもありますしね。

 

✓ここでのメモ

チャンスを逃さず、経験を積み上げる。聞き上手になる。話が途切れそうになったら次の話題を見つけておく

 

最後に

自分のレベル上げをしたらあとは彼女を作るだけです。

いくら自分が可愛いと思っている女の子が見つかっても最後は相性の問題があるのでうまくいかないことも多いと思います。

実際自分もそうでした。

ここで大事なことは継続することです。

彼女が3か月でできるかもしれないし、1年経ってもできないかもしれません。

うまくいかずに挫けてしまいそうになると思います。

でもそこで諦めてしまえば、絶対に彼女はできません。

彼女が欲しいなら行動するしかないです。

逆に継続することができれば彼女ができるかもしれません。

継続するために僕が意識していたことはあまり期待しないことです。

期待が大きいとダメだったときのショックが大きいです。期待してしまう気持ちはすごく分かりますが、あまり期待しすぎないようにしましょう。

女の子と会うときは友達と会いに行くつもりで行けば、自然体で居られて、会話が弾みやすいように思います。

とにかく継続が大事です。

継続を続けた結果、僕は念願の彼女ができました。

今では同棲も開始し、アニメイベントなんかにも一緒に行っています。

少し前の自分では考えられない状態です。

行動すれば、変わることができます。

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タカでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です